BINANCEは、2017年に誕生したばかりの中国の仮想通貨取引所ですが、2017年12月には仮想通貨の取引高が世界1位になり、瞬く間に世界一の仮想通貨取引所となりました。

BINANCEは、過去に日本語対応していましたが、現在は対応していません(BINANCEが日本で無登録で営業していて、金融庁が警告を行ったことが原因であるとされます)。

登録ボタンをクリックするとこのような画面が出てきます。botなどでアカウントを作るのを敬遠してのことでしょうね。

BINANCE(バイナンス)とは

金融庁は世界最大の仮想通貨交換業者とされ、香港に本社を置くバイナンスに改正資金決済法に基づく警告を出す方針だ。同社は無登録のまま日本で営業しており、投資家が損害を被る恐れがあると判断した。営業をやめなければ、警察当局などと連携して刑事告発する。無登録業者の監視により違法行為を摘発し、仮想通貨の健全な取引環境を整える狙いだ。

それでもBINANCEは、日本の取引所では扱っていないアルトコインを多数取り揃えており、海外の取引所の中では使用しやすい取引所といえます。

BINANCEの特徴

手数料がとても安い

BINANCEの手数料は0.1%と非常に安いことで有名です(他の海外の取引所と比べても安価です)。

さらに、BINANCEが独自に発行しているBNB(BINANCE COIN)というトークンを使うと手数料がさらに半額の0.05%と、非常にお得に仮想通貨を購入することができます。

取り扱っているコインの種類が豊富

BINANCEでは日本の取引所では購入できない多数のアルトコインを購入することができます(時価総額の高い有名な仮想通貨からマイナーな草コインまで様々です)。

アルトコインの中には、価格変動が激しく、大幅に価格上昇を遂げるコインも多々あるので、将来大化けするコインを探したりしたい人や積極的にコインのトレードをしたい人にとって、オススメな取引所です。

ビットコインのハードフォークに対応

BINANCEは、2017年8月1日にビットコインがハードフォークして、ビットコインキャッシュが誕生した時に一早く対応した取引所として有名です。

ビットコインのハードフォークとは、ビットコインのブロックチェーンが分裂して、新たな種類のビットコインが生まれたことをいいます(ハードフォークは、ビットコインに限らず、他の仮想通貨でもブロックチェーンの分岐により起こりえます)。

関連するまとめ

アメリカ最大級の仮想通貨取引所Coinbaseの特徴について

アメリカ最大手の仮想通貨取引所であるCoinbaseが、日本の仮想通貨取引市場の開拓を目指すと発表がありまし…

ブロックチェーンスタイル / 821 view

取引所じゃない!?Xtheta(シータ)取次所について

日本初の取次所Xtheta(シータ)について書きます。

ブロックチェーンスタイル / 942 view

【PR】次世代の分散型仮想通貨取引所CROSS exchange(クロス・エクスチェ…

2018年11月20日、仮想通貨取引所CROSS exchangeがオープンしました。 「仮想通貨市場のイ…

ブロックチェーンスタイル / 1025 view