スマートコントラクトを実装した匿名通貨QURASがBithumb Global(ビッサム)に上場

2019年10月16日に、スマートコントラクトを実装した初の匿名通貨QURAS(キュラス)が世界の仮想通貨取引所ランキング上位のBithumbのグローバルブランドのBithumb Globalに上場しました。

QURASは、2年半前から開発がスタートしましたが、パブリックなブロックチェーン上で、スマートコントラクトや取引のプライバシー化の実現のために、今後も多くの取引所への上場を目指していき、世界に進出を進めていくことになるので、今後のQURASの動向に注目です。

10月19日午後1時現在(日本時間)で、1XRC(QURASの通貨単位)が0.81USDほどの価格をつけており、プライベートセールで購入した時の価格によって違ってきますが、上場後既に数十倍の価格推移をみせています。

関連事項

関連するまとめ

Yahoo!ファイナンスが選出する「今年の企業」にスクエアが選出される

Yahoo!ファイナンスが選ぶ「今年の企業」にSquare(スクエア)が選ばれました。

ブロックチェーンスタイル / 458 view

仮想通貨マイニングの需要が減少したことによって大手半導体企業エヌビディアの株価が低迷

2018年12月12日、ソフトバンクグループが保有する半導体大手企業のエヌビディアの株式を、仮想通貨のマイニ…

ブロックチェーンスタイル / 553 view

まだZaif(ザイフ)のフィスコへの事業譲渡に同意をしていない人は注意!仮想通貨が保…

既にZaif側もユーザーに向けて個別にメールを送るなどして周知を図っているので大方の人々は手続き済みでしょう…

ブロックチェーンスタイル / 914 view