スマートコントラクトを実装した匿名通貨QURASがBithumb Global(ビッサム)に上場

2019年10月16日に、スマートコントラクトを実装した初の匿名通貨QURAS(キュラス)が世界の仮想通貨取引所ランキング上位のBithumbのグローバルブランドのBithumb Globalに上場しました。

QURASは、2年半前から開発がスタートしましたが、パブリックなブロックチェーン上で、スマートコントラクトや取引のプライバシー化の実現のために、今後も多くの取引所への上場を目指していき、世界に進出を進めていくことになるので、今後のQURASの動向に注目です。

10月19日午後1時現在(日本時間)で、1XRC(QURASの通貨単位)が0.81USDほどの価格をつけており、プライベートセールで購入した時の価格によって違ってきますが、上場後既に数十倍の価格推移をみせています。

関連事項

関連するまとめ

マイニング最大手ビットメインがアメリカテキサス州での事業規模を縮小

中国のマイニング最大手企業のビットメインがアメリカテキサス州で行なっているマイニング事業の規模を縮小している…

ブロックチェーンスタイル / 569 view

ダークネットへのビットコイン流入量が約2倍に膨らむ

昨年2018年にダークネットへのビットコイン流入量が1年で2倍に膨らみました。

ブロックチェーンスタイル / 615 view

マイニング大手企業ビットメインが 「人員削減を認める」

先日、「マイニング事業大手のビットメインが、ビットコインキャッシュの開発者チーム全員を解雇した」というニュー…

ブロックチェーンスタイル / 588 view