スマートコントラクトを実装した匿名通貨QURASがBithumb Global(ビッサム)に上場

2019年10月16日に、スマートコントラクトを実装した初の匿名通貨QURAS(キュラス)が世界の仮想通貨取引所ランキング上位のBithumbのグローバルブランドのBithumb Globalに上場しました。

QURASは、2年半前から開発がスタートしましたが、パブリックなブロックチェーン上で、スマートコントラクトや取引のプライバシー化の実現のために、今後も多くの取引所への上場を目指していき、世界に進出を進めていくことになるので、今後のQURASの動向に注目です。

10月19日午後1時現在(日本時間)で、1XRC(QURASの通貨単位)が0.81USDほどの価格をつけており、プライベートセールで購入した時の価格によって違ってきますが、上場後既に数十倍の価格推移をみせています。

関連事項

関連するまとめ

イーサリアムクラシックへの51%攻撃はホワイトハッカーからのセキュリティリスクの警告

2019年1月12日、仮想通貨取引所Gate.ioがイーサリアムクラシックが51%攻撃を受けた問題で、10万…

ブロックチェーンスタイル / 554 view

ブロックチェーンセキュリティ企業のBitGoがOTC取引大手のジェネシスと提携を行う

2019年1月16日、ブロックチェーンセキュリティ企業のBitGo(ビットゴー)が、OTC取引のプラットフォ…

ブロックチェーンスタイル / 510 view

アメリカで10万台のATMがビットコインの機能を付ける計画

ATM企業のリバティーXとジェンマが、アメリカに設置中のATM10万台に、ビットコインATMの機能を付ける計…

ブロックチェーンスタイル / 673 view