CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)とは

仮想通貨には、ビットコインやビットコイン以外のアルトコイン、ICO等も含めるとその数は1,500種類を超えています。

CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)を使用することにより、出回っているほぼすべての仮想通貨の情報(時価総額や価格や流動性、変動率等)を確認することが出来るようになります。

時価総額とは

時価総額(Market Cap)は、「コインの価格 × コインが実際に出回っている供給枚数」により決定します。

例えば、発行総数10,000枚のコインが1枚10,000円で市場に出回っている場合、時価総額は、100,000,000円になります(コインがすべて発行済みの場合)。

coinmarketcap(コインマーケットキャップ)の使い方

下記のサイトにアクセスをします。

日本語に変更する

画面右上の言語タブをクリックして、サイト内の言語を日本語に変更します。

基本操作方法

時価総額の高い仮想通貨の順に上から下に並んでいます。

各仮想通貨のページでは、時価総額、ボリューム、最大供給量やチャート等の詳細情報を確認できます。

(ボリュームとは、24時間に売買された取引高をあらわし、循環サプライは、実際に流通しているコインの枚数、最大供給は、発行済みのコインの枚数のことをいいます。)

チャートは、期間の変更をすることが出来ます。

関連するまとめ

仮想通貨決済のプラットフォームであるBakkt(バックト)とは?

Bakkt(バックト)とは、NYSE(ニューヨーク証券取引所)の親会社であるICE(インターコンチネンタル取…

ブロックチェーンスタイル / 1382 view

「仮想通貨はバブル」なのか?

よく「仮想通貨はバブルである!」ということを聞きます。それに対し、「仮想通貨はバブルではない」という反対意見…

ブロックチェーンスタイル / 645 view

カウンターパーティー(XCP)とは

カウンターパーティーという名称が仮想通貨の情報の中で目にすることがあると思います。 カウンターパーティーにつ…

ブロックチェーンスタイル / 821 view