モナコイン(MONACOIN)用のウォレット「モナッピー(Monappy)」が2019年10月7日からサービス開始

2019年9月30日、モナコイン(MONACOIN)用のウォレット「モナッピー(Monappy)」が2019年10月7日からサービスを開始すると同サービスを開発するインディースクエア社が発表しました。

2018年9月1日に不正アクセスにより、モナッピーは、ホットウォレット内のモナコインが盗まれてしまうという事件が発生し、ユーザーの資産保護や盗難の原因究明のためにサービスを停止していました。

今回、モナッピーは、サービスを再開にあたって、盗難被害にあったユーザーの被害額を全額補償するとしています(補償する総額は93078.7316モナコイン(MONA)で、対象ユーザーは7735人)。

モナッピーは、補償を安全に行なっていく為に、段階的にモナッピーへのアクセス可能人数を増加させていきサービス再開を行います(大体1〜2週間で全てのユーザーが利用出来るようになります)。

さらに、改正資金決済法が施行される前までにホットウォレットを廃止するそうです(2020年4月まで)。

関連するまとめ

JPモルガンが「機関投資家が仮想通貨市場への参入に対して、警戒心を持っている」と分析

低迷が続く仮想通貨の相場が続いていることから、「機関投資家が仮想通貨市場への参入に対して、警戒心を持っている…

ブロックチェーンスタイル / 580 view

つくば市がブロックチェーン技術とマイナンバーカードを組み合わせて国内初の選挙投票実施

つくば市が国内初、ブロックチェーン技術とマイナンバーカードを使い、選挙投票を行います。

ブロックチェーンスタイル / 656 view

【速報】 bitFlyerが新規顧客の受け入れ停止を発表

bitFlyerが新規顧客の受け入れ停止を発表しました。

ブロックチェーンスタイル / 710 view