コスプレ業界に内在する問題を解決するCOSPLAY TOKEN独占取材!

世界中でコスプレ市場は、年間15%も成長している、非常にアクティブな市場です。

コスプレイヤーが使用するコスプレ衣装だけでも、年間2兆円の産業であり、コスプレのイベント運営やグッズ販売等も含めると、非常に巨大な市場であると言えます。

ビットチャンスは、コスプレ業界の問題を解決する手段として「Cure World Cosplay」という既存のプラットフォームにブロックチェーン技術を導入して立ち上げた、「COSPLAY TOKEN」CMOの中川氏にインタビューをしました!

今回は〜第5回「『COSPLAY TOKEN』のロードマップ等の部分について」〜です。

2019年の第1四半期で上場予定とロードマップに記されていますが、上場について考えのようなものはありますか?

上場が決まっている取引所の中で、名前を挙げられるところでいうと、日本のLiquid by QUOINE(リキッド)という取引所に上場が決まっています。

「Cure World Cosplay」が既にユーザーベースがあるという点や、運用しているテレグラムが20万人のトータルフォロワーがあり、取引所としてはトークン流動性と新規アカウントが増えるというメリットがあるので、複数の取引所から上場して欲しいと良い条件で提案を頂いています。

自分達としては、どこのパートナーと一緒にやっていくのがベストなのかを慎重に進めています。

上場時期については、地合いを見ているというのが正直なところで、地合いが悪い時に上場しても投資家さんにとってもプロジェクト側にとってもよくないので、地合いについては注視しています。

何故他のプロジェクトよりも慎重になるのですか?

既にプラットフォームとして行なっているビジネスがあるので、ユーザーを裏切るということが絶対に出来ないというのが根底にあります。

  • コスプレの運営事業として、東京ゲームショー等の大規模イベント等を手掛けたり、東京ゲームショー内で「Cure World Cosplay」のファッションショーを毎年行なっている

関連するまとめ

ブロックチェーン技術を用いた、新時代のインターネット「Uniqys Project(…

ブロックチェーン技術を用いた、新時代のインターネット「Uniqys Project(ユニキス プロジェクト)…

ブロックチェーンスタイル / 1062 view

匿名通貨Quras独占取材!〜第1回「仮想通貨と匿名通貨の違いについて」〜

個人情報は個人で管理をしていく時代が将来必ずやってきます。プライバシーの保護は、ヘルスケアの分野や金融、イン…

ブロックチェーンスタイル / 3478 view

ブロックチェーン技術を用いた、新時代のインターネット「Uniqys Project(…

ブロックチェーン技術を用いた、新時代のインターネット「Uniqys Project(ユニキス プロジェクト)…

ブロックチェーンスタイル / 845 view