日本STO協会が設立、代表理事にはSBIの北尾会長

2019年9月30日、日本国内の大手証券会社らが日本STO協会を設立したと報じられました。

同協会は、ブロックチェーン技術を利用した資金調達であるSTO(セキュリティトークンオファリング)の業界団体として2019年10月1日から発足予定であり、SBI証券や野村證券、大和証券などが加わり、代表理事にはSBIの北尾会長が選任されるとのことです。

関連事項

関連するまとめ

台湾のファミリーマートでブロックチェーン技術を用いた実証実験を開始

富士通、台湾富士通、現地ベンチャー企業、台湾ファミリーマートが共同で台湾ファミリーマート重慶店でブロックチェ…

ブロックチェーンスタイル / 1264 view

アメリカの最大手ケーブルテレビ「コムキャスト」がマーケティング用にブロックチェーンを…

最大手のケーブルテレビのコムキャスト(アメリカ)が、ブロックチェーン技術を導入して、TVによるマーケティング…

ブロックチェーンスタイル / 561 view

コインチェック仮想通貨交換業者へ

マネックスの出資を受け入れるコインチェックが登録業者となりそうです。

ブロックチェーンスタイル / 753 view