コスプレ業界に内在する問題を解決するCOSPLAY TOKEN独占取材!

世界中でコスプレ市場は、年間15%も成長している、非常にアクティブな市場です。

コスプレイヤーが使用するコスプレ衣装だけでも、年間2兆円の産業であり、コスプレのイベント運営やグッズ販売等も含めると、非常に巨大な市場であると言えます。

ビットチャンスは、コスプレ業界の問題を解決する手段として「Cure World Cosplay」という既存のプラットフォームにブロックチェーン技術を導入して立ち上げた、「COSPLAY TOKEN」CMOの中川氏にインタビューをしました!

今回は〜第4回「CURE PLAYER COIN」を用いるメリットや他のプロジェクトにない強みとは?〜です。

「CURE PLAYER COIN」を用いるメリットは?

すべて「COSPLAY TOKEN」だけではなく「CURE PLAYER COIN」を用いる理由として2つポイントがあります。

一つ目の理由としては、Bancor(バンコール)をプロトコルとして用いることによって、ビットコインやイーサリアムのような高いボラティリティではなく、ボラティリティを下げようと考えました。

「COSPLAY TOKEN」が固定準備金になり、その準備金の比率はPlayer自身で選ぶことが出来ます。

この固定準備金の比率によってボラティリティを調整できる機能を持たせているので、ボラティリティをユーザー自身が選択した上で、「CURE PLAYER COIN」を発行することが出来ます。

例えば、コスプレイヤーさんが自分の写真集を発行する時に、原価がかかる物(写真撮影スタジオやカメラマンの人件費、衣装等)に対してボラティリティが高すぎると、最悪の場合、原価割れしてしまうので、そこは調整弁になるかと思われます。

一方で、ボラティリティが高くてもいいという人は、撮影会の権利を販売する等と、原価がそれほどかからない物に関しては、ある程度ボラティリティが高くてもユーザーの判断で決めることが出来ます。

あとは、Bancor自身がDEX(分散型取引所)を持っているので、オリジナルトークンを発行することによって、BancorのDEXにトークンが上場していく、それを他のトークンと交換をすれば、ある程度流動性が保たれるというのはあります。

関連するまとめ

ブロックチェーン技術を用いた、新時代のインターネット「Uniqys Project(…

ブロックチェーン技術を用いた、新時代のインターネット「Uniqys Project(ユニキス プロジェクト)…

ブロックチェーンスタイル / 845 view

「ブロックチェーンの素晴らしい技術を普及していきたいです」~暗号女子(CRYPTO …

2018年6月29日、ヒルトン東京お台場で開催された「BLOCK CO+ TOKYO CONFERENCE …

ブロックチェーンスタイル / 1170 view

COSPLAY TOKEN独占取材!〜第1回「Cure World Cosplayと…

世界のコスプレ市場は、年15%成長のアクティブな市場です。コスプレ衣装だけでも、年間2兆円の産業で、コスプレ…

ブロックチェーンスタイル / 676 view