日本の仮想通貨取引所TAOTAOが不正ログインによる損失補償を導入

2019年9月30日、日本の仮想通貨取引所TAOTAOが、第三者によるハッキング(不正ログイン)によって顧客資産に損失が生じた場合、最大100万円まで被害額を補償する制度を導入しました(アカウントに二段階認証を設定していて、ログインIDやパスワードに不正アクセスして損失が生じた場合に限られる)。

関連するまとめ

Zaifが約2200兆円分のビットコインを0円で販売

Zaifが約2200兆円分のビットコインを0円で販売していたことがわかりました。

ブロックチェーンスタイル / 1190 view

NEM流出のコインチェック13日にも日本円の出金再開へ

コインチェックがNEM盗難の際に停止していた日本円の出金を13日に再開することがわかりました。

ブロックチェーンスタイル / 665 view

クウェート国立銀行でリップルネットを用いた国際送金サービス立ち上げ

クウェート国立銀行でリップルネットを用いた国際送金サービス立ち上げしました。

ブロックチェーンスタイル / 543 view