ICO(Initial Coin Offering)や仮想通貨投資にまつわる詐欺が多発しています。

「お金の集まるところにやってきて詐欺師は一儲けしようとする」、といいますが、これも「仮想通貨市場には大金が集まり、新規参入者も多く市場は成長過程である。そして規制をする明確な法律がない」という理由から詐欺が多発しているのでしょう。

特に仮想通貨市場への新規参入者は、投資の経験が無い人も多いので、詐欺師達からターゲットにされてしまいます。

「絶対に儲かる仮想通貨を教えます!」

「投資したお金が確実に数百倍以上になるICOを教えます!」

世の中に確実に儲かるなんてことはありませんし、こういった甘い話はほぼ詐欺です。

甘い文句につられてやってきた仮想通貨初心者の人は、お金を集めるためだけのICOや勉強しましょう等というセミナーに参加するうちに、詐欺師に洗脳され、気が付くと多くのお金を払ってしまっていた、という話も非常に多く聞かれます。

ICOとは?

よく詐欺に利用されるのがICOです。

ICOは「Initial Coin Offering」の略で、簡単に説明すると、新たに仮想通貨を開発するために、資金を集めることです。

ブロックチェーン技術にもとづくシステム開発をしたいけれど、開発費が足りない・・そんな時に開発者がICOを実施してコインを発行して、それを売って資金を集めます。

システムの開発が進んで、コインがお得に利用できるようになれば、コインが取引所に上場されるようになり、コインに金銭的な価値がつくようになります。

ICOが実施され、何故ICOのプレセールでコインを購入をする人がいるのかというと、プレセールで販売されるコインは実際に市場で売りに出されるよりも安く販売されるためです。

コインの価値が高騰すれば、投資をした金額が大きなリターンとなって帰ってきて、大きな利益を得ることができるからです。

しかし、新たな資金調達方法として注目されているICOですが、ICOを利用した詐欺が横行しており、投資を行う際は注意をしなければなりません。

ICO詐欺の流れ

詐欺師は、投資家をだますために、色々な手段を行ってきます。

ICO詐欺では、詐欺師が、「実現すれば皆が喜びそうなシステムが開発中。資金を集めるために発行されるコインは取引所に上場予定。コインは確実に高騰する」等と甘い文句でだまそうとしてきます。

ICOのホワイトペーパーや公式ホームページ等を作り込みをしっかりしておき、投資家に詐欺だとバレないように工夫をします。

関連するまとめ

「暗号キッド」と呼ばれる11歳アメリカの天才少年ジョージ・ウイックナー

11歳の少年がICOを立ち上げて2000イーサリアムの調達をしようとしています。

ブロックチェーンスタイル / 809 view

ICOのプレセールとは?

ICOのプレセールについて説明します。

ブロックチェーンスタイル / 916 view

COMSAトークンプロジェクトについて

テックビューロー発の日本初にして最大のICOであるCOMSAについてまとめてみました。

ブロックチェーンスタイル / 934 view