スマートコントラクトを実装し、匿名のON/OFFを切り替えることが出来る匿名通貨Quras独占取材!

今回インタビューさせて頂いた最首氏(右側)と加藤氏(左側)

今回インタビューさせて頂いた最首氏(右側)と加藤氏(左側)

今回は、以前にビットチャンスでも記事で取り上げさせてもらった、スマートコントラクトを実装し、匿名のON/OFFを切り替えることが出来る匿名通貨Qurasの広報である最首氏と加藤氏にお話を伺いました!

匿名通貨を含む仮想通貨の今後の展望についてお聞かせ下さい

今の仮想通貨市場は、FXという金融商品が出てきた時と似ていて黎明期のような感じです。

当時は、政府もFX市場から税金を徴収する為に、個人でもFXを出来るようにしたり、レバレッジを掛けさせたり、税金も雑所得扱いでしたが一律分離課税となりましたし(仮想通貨も税金は雑所得)、クリプトカレンシーも金融商品化されていくのではないでしょうか。

コインマーケットキャップにも数多くのコインがありますが、そこまで多くのコインが必要なのかと思います。

時価総額の順位が低いコインは、ICO割れしている物もありますし、順位が低くシンプルではないプロジェクトは淘汰されていくでしょう。

キャッシュレス時代の最先端に位置しているのはクリプトカレンシー

昔は、電車に乗るのにポケットから小銭を出して切符を購入していましたが、今では誰もがSuica等のICカードを利用するようになって、ポケットに小銭が入っている人を探す方が難しい状態です。

ICカードはコンビニ等あらゆる場所で使用することが出来るようになりましたが、ここまで普及して根付くまでそれなりに時間がかかり、クリプトカレンシーも現在普及している段階です。

フィアットについて言えば、今は高額紙幣が減少傾向でだんだんと少額になっていて、500ユーロ札が廃止されるみたいに将来は1万円札がなくなる日がくるかもしれません。

これからキャッシュレス時代がやってきますが、その最先端にクリプトカレンシーは位置していることだけは間違いありません。

関連するまとめ

匿名通貨Quras独占取材!〜第4回「Qurasと他のプロジェクトのパートナーシップ…

個人情報は個人で管理をしていく時代が将来必ずやってきます。プライバシーの保護は、ヘルスケアの分野や金融、イン…

ブロックチェーンスタイル / 965 view

ブロックチェーン技術を用いた、新時代のインターネット「Uniqys Project(…

ブロックチェーン技術を用いた、新時代のインターネット「Uniqys Project(ユニキス プロジェクト)…

ブロックチェーンスタイル / 737 view

「ブロックチェーンの素晴らしい技術を普及していきたいです」~暗号女子(CRYPTO …

2018年6月29日、ヒルトン東京お台場で開催された「BLOCK CO+ TOKYO CONFERENCE …

ブロックチェーンスタイル / 1061 view