クリプトガレージが、内閣府が進めるサンドボックス制度のもとで、実証実験を開始

2019年1月21日、デジタルガレージの子会社でブロックチェン金融サービスを手掛けるクリプトガレージが、内閣府が進めるサンドボックス制度のもとで、仮想通貨と法定通貨建てトークンの同時決済サービスの実証実験を行うと発表しました。

この実証実験は、決済ネットワークLiquid Network上で行われ、アトミックスワップの技術を用いることによって同ネットワーク上のビットコインとペッグした「L-BTC」トークンと、円建てのトークンである「JPY-Token」が発行されます。

取引参加者は、この2つのトークンをリアルタイム同時決済を行うことが出来て、この実証実験には日本国内の仮想通貨交換業者3~5社が参加します。(2019年1月21日から2020年1月20日まで)。

実証実験によって、サイドチェーン上の財産的価値や取引記録の安全性等を検証する他に、「安定的かつ公正なOTC取引市場が成立することの検証等」が行われて、これによってクリプトガレージは「カウンターパーティリスクを排除して、安全で迅速、そして秘匿性の高い仮想通貨取引を実現することが出来る」としています。

内閣府が新技術の社会実装を目指すサンドボックス制度下で認定されたプロジェクトは3件目で、フィンテック関連事業としては認定されたのは初めてとなります。

クリプトガレージは、今回の実証実験によって、下記のような問題点を改善することが出来ると説明しています。

  • 仮想通貨市場は拡大しているが、仮想通貨交換業者のカバーマーケットが確立しておらず、流動性や価格面等において不安定な状況が発生しやすい。
  • 共通の決済や取引における基盤がないので、仮想通貨交換業者が他の業者から流動性を獲得する場合には、大きな信用リスクを取引相手に対して取らなければならなかったり、参加者間で取引を秘匿しにくいという性質、当局が業者間大口取引を捕捉しづらい。
  • 一般投資家を対象とした仮想通貨取引所では、取引の迅速性、利用者のITリテラシーの観点から、秘密鍵を交換業者が預かる形式をとる例も多いが、取引所がハッキングされた場合など、セキュリティ上のリスクが高くなる。

Liquid Networkは、ブロックストリームが2018年9月に発足したビットコインのサイドチェーンであり、企業と個人の間でビットコインのトランザクションの高速化を目的としており、2018年10月時点では国内の取引所のBitbank、Zaif等を含む23の取引所が加盟しています。

関連するまとめ

「ロシア政府が4700億ドル相当のビットコインを購入する計画」はフェイクニュースか?

先日、「ロシア政府がアメリカの経済制裁に対して、4700億ドル相当のビットコイン購入を検討している」というニ…

ブロックチェーンスタイル / 616 view

世界最大の資産運用会社ブラックロックの次期CEO候補にビットコインETF否定派の人物…

2019年1月9日、世界最大の資産運用会社ブラックロックは、次期CEO候補にビットコインETF否定派のマーク…

ブロックチェーンスタイル / 533 view

アメリカ議会で仮想通貨やブロックチェーン企業への規制緩和法案が再提案される

2019年1月14日、仮想通貨やブロックチェーン技術について推進派のアメリカ共和党のトム・エマー下院議員達が…

ブロックチェーンスタイル / 548 view