ビットコインに裏付けされたイーサベースの仮想通貨ラップビットコイン(WBTC)が取引開始

2019年1月31日、ビットコインに裏付けされたイーサリアムベースの仮想通貨ラップビットコイン(WBTC)が取引を開始しました(ビットコインとイーサリアムが1:1)。

ラップビットコインは、2018年10月にアメリカの仮想通貨ウォレット会社BitGoやKyber Network等が共同で立ち上げたプロジェクトであり、ERC20に準拠したトークンで、分散型取引所(DEX)やステープルコイン等の交換、支払い、スマートコントラクト等に使用出来るそうです。

ビットコインの流動性をイーサリアムに用いることによって、ラップビットコインは分散型取引所の中で、ビットコインの価値を利用した取引が可能になることが特徴だといいます。

CoinMarketCapでビットコイン価格とラップビットコインの価格を確認したところ、それぞれ日本円で、381,360円と380385円とほぼ同じでした(2019年2月2日午前11時)。

関連するまとめ

コインチェック仮想通貨交換業者へ

マネックスの出資を受け入れるコインチェックが登録業者となりそうです。

ブロックチェーンスタイル / 738 view

CentralityとCoverUS社、ヘルスケアデータ・アプリケーショ ンのグロー…

CentralityとCoverUS社、ヘルスケアデータ・アプリケーショ ンのグローバル市場における可能性を…

ブロックチェーンスタイル / 576 view

仮想通貨取引所BigONEが日本のユーザー向けのサービスを停止予定と発表

中華系の仮想通貨取引所BigONEが日本のユーザー向けのサービスを停止予定と発表しました。

ブロックチェーンスタイル / 691 view