ビットワイズのビットコインETFをSECが否決

ビットコインETFが認可されることとなったら、仮想通貨市場に多くの投資家マネーが流入することになると言われています。

仮想通貨のインデックスファンドのBitwise Asset Management(ビットワイズ・アッセット・マネージメントことビットワイズ)が申請していたビットコインETFがSEC(米国証券取引委員会)に否決されました。

ビットワイズは、2019年1月28日にビットコインETFを申請しており、ビットワイズの担当者は、仮想通貨市場が2017年時よりも規制面で強化されてきた現状を踏まえて、「ビットコインETFは承認されることになるだろう」と自信を見せていました。

しかし、今回否決されたことにより市場関係者の間では多くの落胆の声が聞こえてきましたが、一部の関係者の間では「ETF否決は織り込み済み」との見方もされています(ビットワイズのビットコインETFをSECが最終判断をする期限は2019年10月13日)。

今回、SECがビットワイズのビットコインETFを否決した理由は、仮想通貨市場における価格操作や詐欺が横行していることについて、懸念が払拭できなかったことを要因に挙げています。

関連するまとめ

「投資家としてビットコインに興味を持っていない。決済手段となり得るのかという点に注目…

2019年2月26日、アップルの共同創業者ウォズニアック氏がブルームバーグとのインタビューの中でビットコイン…

ブロックチェーンスタイル / 511 view

アメリカのエネルギー省がブロックチェーン技術等への研究の為に助成金を行うことを発表

アメリカ合衆国エネルギー省の化石エネルギー局が、化石燃料関連のブロックチェーン技術等への研究開発の為に480…

ブロックチェーンスタイル / 477 view

アメリカのトランプ大統領の一般演説が原因!?ビットコインが今年最安値更新

2019年2月7日、ビットコイン価格が今年最安値を更新しましたが、その要因として、2月6日にアメリカのトラン…

ブロックチェーンスタイル / 481 view