11歳の少年がICOによる資金調達

アメリカ合衆国コネチカット州オールド・グリニッジに住んでいる11歳の少年ジョージ・ウィックスナーは、”暗号キッド”と呼ばれています。

彼は、分散型ゲームプラットフォームの為に、ICOを立ち上げて2000イーサリアムを調達したと報道されました。

この11歳の少年は、いずれ仮想通貨業界の巨人と呼ばれるかもしれないと、マーケットウオッチは予見しています。

彼の毎日のルーティンは、学校に行くこと、宿題をすること、そして自分自身の将来に向けたスタートアップです。

彼は、毎朝6時頃起きて、7時30分に学校に行き、学校から帰ってくると、宿題を終えた後に夕食を食べ、仮想通貨の価格をチェックを行い、「Pocketful of Quarters」の作業を2時間程行います。

「Pocketful of Quarters」は、分散型のゲームプラットフォームを構築しています。

プラットフォームでは、様々なゲーマーが直面している問題を解決しています。

ゲーマーがゲーム内の通貨を購入後、通貨の残高がゲーム内に残ってしまう事がしばしばあります。

「Pocketful of Quarters」は、これらのクレジットを様々なプラットフォームで機能する暗号化方式にすることで、残高のロックを解除することを目指しています。

ウイックスナーは、「現在、別のゲームで同様のコインを使用できるようにしようとしている」と発表しました。

「Pocketful of Quarters」は、複数のゲームプロバイダと連携しているため、ICOを立ち上げた際に発行するトークンを使用することが出来ます。

11歳の少年によるトークンの販売は、プレス時に約457,000〜915,000ドルに相当する1,000〜2,000台のイーサリアムを調達することを目指しています。

関連するまとめ

【PR】スマートコントラクトを搭載した、匿名通貨Quras(キュラス)について〜後編…

匿名通貨Quras(キュラス)について紹介します。スマートコントラクトを搭載し、匿名性も最大限に高まっている…

ブロックチェーンスタイル / 4354 view

【PR】スマートコントラクトを搭載した、匿名通貨Quras(キュラス)について〜前編…

匿名通貨Quras(キュラス)について紹介します。スマートコントラクトを搭載し、匿名性も最大限に高まっている…

ブロックチェーンスタイル / 3753 view

COMSA(コムサ)がホワイトペーパーの進捗状況を発表

Zaifを運営するテックビューロが『COMSA(コムサ)』というプロジェクトがホワイトペーパーの進捗状況を発…

ブロックチェーンスタイル / 758 view