「カカオトーク」の親会社カカオがブロックチェーンの子会社の設立を発表

人気チャットアプリである「カカオトーク」で人気を博している韓国企業のカカオが、アジアの市場に向けたブロックチェーンのプラットフォーム「グラウンドX」を構築すると、新事業計画「カカオ3.0」を発表しました。

カカオは、ブロックチェーン子会社の設立を発表し、ICOの立ち上げを行っていました(2018年3月上旬)。

ジョセフ・ヤング氏(COINTELEGRAPHの寄稿者)のツイートによると、2018年内にはカカオのブロックチェーンのプラットフォームが開設される予定です。

(以下Twitter訳)

カカオトーク等のサービスを展開する韓国最大手のインターネット企業カカオが、ブロックチェーンのプラットフォームを開発予定であると発表しました。

カカオの共同CEOヨン・ミンス氏は

「目まぐるしく世界は変わっていますが、我々は今までそうであったように、今後も新技術(ブロックチェーン)を開拓し、お客様のニーズに応えていきます」と述べ、

カカオのもう一人の共同CEOであるジョー・スヨン氏は、「カカオは、音楽やゲーム等のデジタルなコンテンツに力を入れて、日本や中国をはじめとした東南アジアへ進出していきます」と述べました。

さらにジョー・スヨン氏は、

「グラウンドXは、カカオの既存のサービスと組み合わせ、新たなブロックチェーンサービスを提供していく」

と述べました。

関連するまとめ

仮想通貨ADAの新型ウォレットがリリースとホームページ上で発表

これまで、仮想通貨ADAの公式ホームページ上で「特別発表」が近日公開とありましたが、その特別内容が公開されま…

ブロックチェーンスタイル / 668 view

韓国政府がブロックチェーンを研究開発する企業に対して税の減免措置対象に

2019年1月8日、韓国政府がブロックチェーンを研究開発する企業に対して、税の減免措置対象となるR&D部門に…

ブロックチェーンスタイル / 551 view

「FinDApps」β版がオープン!日本初のユーザーに最適なDAppsを提供するブロ…

株式会社モバイルファクトリーの100%子会社である株式会社ビットファクトリーが、ブロックチェーンゲームとDA…

ブロックチェーンスタイル / 713 view